早期退職後に必要な貯金はいくら?

企業によっては賃金の高い中高年に対して早期退職を勧めることによって人件費の圧縮を図るという活動を行う場合があります。いわゆるリストラとは異なり、通常よりも上乗せした退職金を支給するのが特徴であるため本人にとっても企業側にとっても長期的にメリットがある場合が少なくありません。この様な早期退職を選択することによって老後の生活設計をするという選択肢がある人も少なくありません。

この早期退職制度を活用する人の場合には、早期退職した後にどのように生活をしていくのかという人生設計が重要になってきます。その時に必要となる貯金の額と言うのは人生設計によって変わってきますのでKケースバイケースであると言えるでしょう。もしもその時点で住宅ローンを抱えていたりするのであれば再就職先が決まっていなければやや厳しいものがあります。サラリーマンとして雇用されていた時と同じ程度の収入を得るということは非常に困難であるというのが一般的であり、ノープランで早期退職を選択してしまうと貯金を切り崩す生活を余儀なくされますので非常に生活が苦しくなってしまいます。この様な仕組みになっていますので生活設計をしっかりと立てて、早期退職が可能であると判断して初めて選択すべき道であると言えるでしょう。

先述した通り、必要となる貯金額は人によって異なります。そのため自分の状況を正しく理解し、今後かかると予測される資金を計算に入れておく必要があるでしょう。家族の収入なども考慮して、見落としのない様にするためには専門家の意見を聞いてみることも重要であるかもしれません。自分自身では気づくことの出来なかった費用を考えるきっかけにもなりますのでお勧めできる道であると言えるでしょう。一般に早期退職すると元の鞘に戻ることは不可能です。そのため何のプランも無く収入が断たれるとただただ貯金を切り崩す生活になりかねません。そうならない様にするためにはしっかりとした人生設計が必要になります。