早期退職後の再就職は難しい?

早期退職しての再就職は難しいのが現状です。学歴や経歴では無く、年齢で弾かれるからです。早期退職になるのは、40歳以上が主です。いくら、優秀な学歴や経歴があっても、他の会社に正社員で雇用されるのは難しいのが現状です。

たとえば、大企業の社員がリストラされて早期退職したとして、下のレベルの中小企業なら雇用されるだろうといって面接にいっても雇用されない場合が多いです。それは、学歴や経歴ではありません。中小企業では、40歳以上ですと、管理職や下手すれば社長だからです。つまり、社長や取締役が、自分と同年代の新入社員を欲しがらないからです。そのため、早期退職後の再就職は難しいのです。

学生時代にコンビニのバイトをしたことがある人ならわかるでしょうが、大学のころに40代の人は店長(オーナー)だったはずです。早期退職して再就職ができずに悩んでいる人は、そのことを忘れているのです。確かに、優秀な学歴や経歴があっても、雇用されるということは、新卒で就活するのと同じなのです。年齢はハンデになるのです。よっぽど、特殊な技術を持っていて、確実に利益をもたらすのが明白な人、独自の営業ルートを持っている人なら、中小企業も歓迎しますが、正直言って、それは天下りと同じです。普通に、リストラされる人に、官僚の天下りのような能力はあまりあるとは思えません。そういう理由で、早期退職をした人の再就職は困難になっているのです。

自分は、いい大学を出て大企業にいたというプライドがまた、長期失業を招きます。雇用されるということは、需要と供給がマッチングして初めて成立する契約です。自分の年齢を考え、すきま産業を狙うしかないのですが、正直、中高年を欲しがるのは、外国人労働者でもいい産業になってしまうのを忘れないでください。あとは、資格をとってスキルUPしてから再就職する等も有効です。早期退職後の再就職は難しいものです。リストラされないように気をつけましょう。