早期退職した人、その後どうなってる?

早期退職した人の、その後は様々です。
大きく分ければ、独立起業する人。バイト生活をする人。無職の人です。早期退職する人は40代以上ですので、就職活動は難しいのです。早期退職後に、大企業の社員だった人が無職になっているのは、一般から見ればおかしいように思いがちですが、少し考えれば理解できることです。

一流大学を出て、一流企業に入った人が早期退職にあい、その後に中小企業に面接に行っても雇われない。それは、学歴や経歴では無く、年齢で弾かれるからです。中小企業の場合には、40代ですと、管理職や、下手すれば社長になっているからです。中小企業の社長や取締役から見れば、自分と同年代の新入社員は欲しくありません。よっぽど、優秀な技術や、独自の営業ルートを持っていれば雇用されますが、そういう天下り的な転職は難しいのが現実です。

一流企業の社員だった人が、早期退職され、その後に無職になるのは、年齢の面で弾かれる理由もありますが、一流大学や一流企業だったというプライドがあるのも要因の一つです。自分は、一流企業や一流大学だったのに、バイトなんてできるかと、長期的に就活を続けた結果、無職になる人は多いものです。年齢的にバイトでも、外国人労働者でも良いような仕事でないと雇用されないのですが、一流大学や一流企業だったプライドがあるために、そういう仕事をする気にはならずに、長期間就活を続けた結果、無職になります。

なかには、プライドより生活を選び、肉体系の仕事のバイトをする人もいます。そうらならいように、早期退職に合う前に、独立起業の準備をすすめ、リストラ後のプランを練っておくのが、賢いサラリーマンなのかもしれません。長引く不況により、早期退職を実施する企業が増えています。40代以上の人は、自分がリストラされた後の人生設計を在職中から練っておくべき時代になったと考えていいと思います。若いうちは学歴が通じますが、年齢がいくと関係無くなることを忘れないでください。